NORIKIYO - 相模川町 [CD] YUKICHI RECORDS (2020)

アーティスト名 : » N , NORIKIYO (SD JUNKSTA)

ホーム 【新入荷商品】

ホーム 【CD】

ホーム レーベル別 Y YUKICHI RECORDS


型番 CD_NO123
販売価格

3,000円(税273円)

売り切れ



【キャンペーン中!】
■ 合計3,500円以上お買い上げの方へ非売品CD "BomJa Break a.k.a Jambo Lacquer - CLOUD COMPLEX " をプレゼント! *条件有*必ずクリック

■  【ユルくメロウな作品を集めたキャンペーン開催中「スペシャルCD」プレゼント!】

■ 【Overseas order】



NORIKIYOにしては久々のリリースとなるこのまとまった作品はNORIKIYOの実体験から発想を得た、架空の町「相模川町(さがみがわまち)」を行き交う人達の "物語”。Based on true storyってヤツだ。これは2017年の段階で8割の歌詞は出来上がっていた物を全曲BACHLOGICのトラックで再構築した作品で、全曲NORIKIYOがラップしているがNORIKIYOの気持ちではなく、自ら作り上げた物語の登場人物達の気持ちをラップするという作品の性質上、音源だけでは理解しづらい部分があるので当初お蔵入りになりそうだったが、SITE(Ghettohollywood)の描いたキャラクターを付ける事によって作品の意図を理解できる様に手を加えたこれまでのJapanese Hiphopにはなかった全く新しい作品となっている。(YUKICHI RECORDS)


TRACK L;IST :
01. 予告編
02. Prologue
03. Where Is It?
04. Cheap Ambition
05. Barber Shop Yokonaka
06. Money Talks
07. ねぇ
08. ツキの無い夜
09. 札束


声の出演 :
AKLO
Estra
Ginshirou
Haruto&Hana
L’Andre
Mr.麿
Noliel.ののの
SALU
TKC
WON\EN
伊藤あいみ
田我流
富田克也

All tracks produced by BACHLOGIC
All lyrics written by NORIKIYO
Art Works by SITE(Ghetto Hollywood)
Executive produced by NORIKIYO
A&R :Kusano 卍 Kazuhiro & Hikaru Tokuyama (Incs to enter)

-あらすじ-
主人公であるPool(プール)はラップで成功する事を夢見ていたが、その芽は出ず如雨露を違う事に使う事にした。現在は生活の為、上質なWeedを栽培し、卸しから小売まで手がける生産者兼ディーラーだ。彼は昔、相模川の河川敷であまり質の良いとは言えないWeedを栽培していた。その畑を偶然発見した嶺仁(れいじ)は自分はもっと質の良い物を栽培出来るとPoolに話す。帰国子女だった嶺二は上質なWeedを作る事が出来た。嶺仁は自分のラボを長く空ける時に育てているWeedの面倒を自分の代わりに見れる奴を探していた。そうやってPoolは嶺仁の弟子となった。時は流れ、ある日Poolは懲役から帰って来たと噂を聞いていた昔のビジネスパートナーで幼馴染のメグから一本の電話を受ける。

-プロローグ-
俺が嶺仁から貰ってこの手からこぼれていないモノを数えてみると幾つかある。先ずは上質なWeedの育て方、そして世の中ではストリートと呼ばれている所で稼ぐ為に守らなければいけないルール。“お前が街を見てる様に街もお前の事を見てるんだよ” あの時は然程気にも留めなかったが今となっては俺が彼に教えて貰った事の中で一番響いている言葉かもしれない。

-2年前-
悪名高い相模原東警察の接見室は目が痛い。このやたらと白い蛍光灯のせいだ。それはこの建物に居る全ての人物達と対照的でこの建物の中で蠢くちぐはぐした空気感を演出するのに一役かっている。警察官はペンを握って何かを書き留める様子だがその手を止め俺達をチラチラ見ている。この場所に似つかわしくない際どいドレスを着たMAYAが気になる様子だが当の本人は気付いていないのかその目は嶺仁を見つめたままだ。先日、MAYAと一緒に差し入れしたパーカーは紐が取られていた。留置場の中は紐が付いた服はNGらしい。理由は想像出来た。嶺仁はそのフードをおもむろに触りながらアクリル板の向こうから俺の質問にこう答えた。「バカ、上手く行けば弁当だよ」警察官の手前多くは語らなかったが彼が不在の間、俺にこのビジネスを預ける事は理解できた。俺と目があった警察官はその刹那時計に視線を移した。「浅野、そろそろ時間だぞ」嶺仁は警察官に冷めた目を添えながら頷いて顔を少し下に傾けた後、俺達にいつもの優しい顔でこう話した。「まぁ、大抵逃げてぇ時程退路はねぇ… そういう事だな」そう言い残すと鈍く光る黒い手錠を手首に携え照れ隠しの様な笑顔を残し奥の部屋と消えていった。俺が彼を見たのは
そこが最後だ。(Pool)



■ 2020年12月15日発売

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける
レビューを見る(0件)
レビューを投稿

この商品のツイート (最新10件)

▽会員専用ページ

» マイアカウント

▽商品検索

▽キャンペーン情報

▽アーティスト名

» # » A » B » C » D
» E » F » G » H » I
» J » K » L » M » N
» O » P » Q » R » S
» T » U » V » W » X
» Y » Z » V.A

▽絞り込み

カテゴリー
» 新入荷商品
» 予約商品
» 特典付き商品
» オリジナルセット商品
» ベストセラー商品
» 中古・デッドストック
» 海外アーティスト

フォーマット
» CD
» MIX CD
» RECORD
» DVD
» TAPE

ダウンロード販売
» 音楽配信

洋服・雑貨・本
» 洋服
» 雑貨
» 本

SALE
» SALE(国内)
» SALE(海外)

特集
BLACK SMOKER RECORDS
KILLER-BONG
DOGEAR RECORDS
高田音楽制作事務所
DLIP RECORDS
女性アーティスト
SHING02
EVISBEATS
DJ KIYO
BUDAMUNK
OIL WORKS
MC バトル関連
和モノ MIX CD

▽音楽レーベル別

» # » A » B » C » D
» E » F » G » H » I
» J » K » L » M » N
» O » P » Q » R » S
» T » U » V » W » X
» Y » Z

▽メンバーズセール

▽WENOD限定セット商品

▽ショップカート

» カートの中身を見る

▽Twitter

▽RSS

RSS Feed Widget

▽ブログ

▽メールマガジン

▽共有

▽MOBILE SHOP